So-net無料ブログ作成

川原ひろし 現在年収は? 現在、催眠術師としても活動!

川原ひろしさんが3月13日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな。」に出演されます。
川原ひろしさんの現在の年収は幾らなのでしょうか?

川原さんといえば、「なんでんかんでん」というラーメン店を経営されていたことは
皆さんご存知だと思います。

一店舗で1日100万円を売り上げ、最高年商は5億~6億円、
当時かなりの人気店でした。

そして、2001年頃からは「マネーの虎」というTV番組にも出演し、
知名度が全国区に広がりました。

しかし、その後「なんでんかんでん」は閉店してしまいます。

現在どのような仕事して幾らぐらい収入があるのでしょうか?





現在の仕事内容と収入は?



2016年、週刊誌のインタビューでは、
月20万から30万前後、多い月だと100万ぐらいとおっしゃっています。



現在の収入源は、知名度を活かしての講演、歌手として結婚式などでの営業、
メディアへの出演、催眠術師としての活動など、
これらが主な収入源だそうです。




催眠術師?



ここで気になるのが、催眠術師としての活動です。

川原ひろしさんは「“十文字幻斎”」という名前で、催眠術師として活動されています。
ちなみに一番弟子は「“十文字雅風”」さんだそうです。

催眠術師セミナーを開催されていて、
価格は一人、10万円から8万円程だという。

この催眠術セミナーを開催している様子が、以前テレビで取り上げられました
意外にも結構、人が集まっていた。
10人で100万、もし月1開催すると、年間1200万程の収入にもなります。

これは大事な収入源の1つだと思われます。





歌手として結婚式で営業(余興)!??



もう1つ気になるのは歌手という仕事です。

川原ひろしさん実は歌手としても活動されています。

「なんでんかんでん」「ラーメン店」のイメージが強い川原さんですが、
若い時は歌手としてデビューされています。

21歳の時に、東芝レコードより、打碁一代という曲(演歌)で作曲家としてデビュー。
その後、音楽家の故鈴木童夢氏に師事し、歌手に転身して銀パリのステージに立ちます。
22歳の時は大御所漫才師の【Wけんじ】の前座歌手となり、また同時に弟子となりました。
しかし、「演歌を歌って欲しい。」という要望に応える事が出来ず、
【Wけんじ】のもとを離れる。

これらの経験があるため、
現在も結婚式の営業(余興)などの依頼があれば歌手として仕事を行うそうです。

このように川原さんは色々な仕事を行うことが出来るんですね。


講演やテレビへの出演などの明確な金額は不明です。

講演は「DMM講演依頼」というサイトから依頼することが出来るそうで、
1回辺りの依頼費用は30万円未満明記されています。

知名度や経営者としての経験もあることから費用は結構いきそうです。

このように川原さんは色々な活動が出来ることから、
「多い月は100万程の収入がある。」というインタビューでの回答は信ぴょう性が高いでしょう。

この金額は催眠術師の仕事だけでも十分可能な金額ですね。



最後に。



3月13日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな。」に川原さんが登場します。

なんでんかんでんを閉店して、借金を負うまで転落した理由など、
これまでの、しくじった話を聴くことが出来るでしょう。

将来、事業を起こし成功したいというような夢を抱く人だけではなく、
現在、人生に迷っている人にも心に響く内容だという。

是非勉強のために見てみるのもいいのではないでしょうか?




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0