So-net無料ブログ作成
検索選択

清水富美加(千眼美子)告白本 幸福の科学出版から発刊

幸福の科学へ出家した清水富美加(千眼美子)さん。
今大変話題となっていますが突然、幸福の科学出版より
告白本を出版したと報道されました。

芸能界を引退して間もない中での発表となり、
ネット上でも、いつ書いた?あらかじめ準備をしていたのか?
など数多くの疑問が上がっています。

私は事がきれいに進んでいて少し疑問を感じました。

今回はこの告白本の内容や、
発売について書きます。



スポンサーリンク





内容は?

この告白本は、
幸福の科学出版から2月17日付けで既に発刊されています。

題名は「全部、言っちゃうね。」というものです。

・一連の騒動の真相。
・幸福の科学について。

この主にこの二点について書かれています。

更に本の帯には、
「死にたかった7年」
「死ななかった7年」

と非常に気になることが書かれています。

芸能活動中に大変なことがあったのでしょうか?
順調に駆け上がっていたと思いました。

私はこの本をまだ読んではいませんが、
かなり濃い内容のことが書かれているでしょう。

事務所について。
・給料
・仕事内容。

この3つに関して書かれているそうです。

この本を読めば、
あの騒動の真相を知ることが出来るのかもしれません。


スポンサーリンク





発売について。

幸福の科学出版には、
発刊日は2017年2月17日となっており、
全国の書店は発刊日より順次発売となっております。
もうすでに並んでいる書店もあるかもしれません。

また、幸福の科学出版のサイトからも購入することが出来ます。

アマゾンで検索するとその本が出てきます。
2月18日現在では購入することがまだできないです。
アマゾンでは2月21日から購入できる様です。

この本の発売を待っている人もいるはずです。

冒頭でも書いた通り、綺麗に進みすぎているのは疑問に思いますが、
騒動の真相がしりたいので購入しようと思います。

最後に。

今回の本で清水さんの元所属事務所のレプロについても
書かれているそうで、知ることが出来ます。

レプロというと、能年玲奈さんも所属していました。
彼女が独立する際も話題になった事務所で、
独立の際、事務所との間で名前の使用に関して騒動にもなりました。

こういう独立、引退のトラブルは一年以内に2回です。
なにか問題があるのかと思ったりもします。


今回の騒動は双方の主張が食い違っているのも事実です。

今回の告白本は清水さん側からの意見、主張として捉えて、
私も読もうと思います。
どちらが悪い正しいとは真実を知らないので言えないです。

ただ、今回の引退は準備された引退だという声があるのも事実です。

今後どういう展開になるのでしょうか?
動向に注目したいと思います。


スポンサーリンク






コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。