So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年花粉はいつから?もう飛んでるの?

2017年1月、花粉はいつから飛びはじめるのでしょうか?
もう飛んでいるのでしょうか?

毎年春になると、つらい花粉症が始まります。
今年度の花粉の飛散予想についてご紹介を致します。


2017年の飛散開始時期。


2017年のスギ花粉の飛散開始は例年通りと言われています。

花粉は2月ごろから徐々に、九州、中国、
四国、東海地方の一部で飛散が始まるそうです。

福岡は2月下旬ごろから3月にかけて。
広島、大阪、名古屋は3月上旬から中旬。
金沢 仙台は3月中旬から下旬だそうです。

ですので、もう今頃からスギ花粉対策を行ったほうがいいかもしれません。



ちなみにヒノキ花粉はスギ花粉が終わった後に、
飛散をするそうです。

スギ花粉の飛散が始まって、約1か月後に
ヒノキ花粉が飛散するそうです。
金沢、仙台は4月に花粉が飛散。
しかし今年は比較的少ないそうです。


いよいよ今年も花粉の時期が始まります。
皆さん準備はいかがですか?
早めに準備をしたほうが良いのではないでしょうか?



スポンサーリンク






花粉の飛散は春だけではない。

花粉症は春に起きるものと思われている方が少なくないです。

スギ科のアレルギーを持っている人は多いです。
スギ花粉の飛散が始まる春ごろに、
花粉症とみられる方が多く見るようになるので、
花粉症は春に起きるものというイメージがあります。


ハンノキ(カバノキ科)
1月はスギの花粉が僅かですが、飛散しています。
1月に多い花粉はハンノキです。
ハンノキはスギと同じく樹木です。
1月から6月頃にかけて、花粉を飛散します。



スポンサーリンク





シラカンバ(カバノキ科)
北海道に多い樹木です。
4月から6月初旬にかけて花粉を飛散します。

オオバヤシャブシ(カバノキ科)
3月から4月頃まで花粉を飛散します。
大量に植樹された兵庫県六甲山に多かったのですが、
最近は全国で植樹されているので各地で花粉が飛散します。

コナラ、クリ(ブナ科)

日本北部に多くみられます。
花粉は3月から6月頃まで、飛散します。

オリーブ(モクセイ科)

瀬戸内地方に多い花粉症です。
理由としては、オリーブ栽培が盛んだからです。
飛散時期は5月下旬から6月上旬です。

カモガヤ(イネ科)

夏の花粉症と言われます。
5月から8月に花粉を飛散します。
牧草として栽培され、
河川敷などで多くみられます。
見た目は雑草です。

ヨモギ(キク科)

8月から10月に花粉を飛散します。
全国で見られます。
道端、河川敷、もしかしたら公園等にも生息しているかもしれません。



ちなみにですが、北海道ではスギ、ヒノキの花粉症はほとんど発症しないです。
しかし、このシラカバの花粉症は発症します。

このように、ほぼ1年を通して花粉が飛散しています。
春以外でも花がムズムズするなどの症状がある方は、
一度調べてみるのも良いかもしれません。

最後に。

私もある時期が来ると花粉症を発症しますが、
そのある時期というのは8月です。

ご紹介した、カモガヤ(イネ科)の花粉で
夏前から、くしゃみなどの花粉症の症状が現れます。

周りは信じてくれないのですが、
夏にも花粉症は発症するのです。

夏頃などにも花粉症と同様の症状が続くのであれば、
一度、耳鼻科などで見てもらった方が良いかもしれません。

花粉の飛散開始時期が気になります。



スポンサーリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。